セクハラ、パワハラの嵐!アルバイトの定着しない飲食店J

大手飲食店Jでホール担当として働いていました。セクハラ・パワハラ・サービス残業の横行に耐えかねて退職しましたが、店長が本当にひどかったです。

女性が入社してくると、本人の目の前で、顔の品評会。
「お前は本当に不細工だなー整形してから入社してこいよ」
「顔はかわいいけど胸が小さいね。彼氏に大きくしてもらってる?最近いつしたの?」等…

アルバイトは定着しませんでしたし、社員もすぐに辞めていくような店舗でした。

男性に対してはパワハラ、サービス残業の嵐。
バイトの休みなどで急にシフトに穴が空き、男性社員を電話で呼び出す店長。

「10分以内に来いよ!」と怒鳴っているのがよく聞こえていました。10分以内に来れなければ生ゴミを投げつけられたり、きつい作業を一人でやらされたりしていました。でも、元レスラーやボクサーなど、強そうな人に対しては一切そういうそぶりを見せないのです。

一番ひどいと感じたのは、キッチンを担当していたアルバイトの男性が、熱した調理器具を触ってしまいやけどをした時でした。
早退させてほしいと頼んだ彼の意見は聞いてもらえず、結局ラストまで働かされていました。その後彼はすぐにアルバイトを辞めてしまったため、彼のやけどがどうなったのかは知りませんが、人に配慮のない店長でした。

本部に一度クレームを出した人がいたらしいのですが、店舗で「誰がやったんだ」と一人一人詰問され、アルバイトの給料が減らされたりしたようです。
組織としての管理も、店舗の管理もなっていないブラック企業だと感じ、私も一年半で退職しました。

酷すぎる労働環境

IT系サービス業S社に勤めていた頃です。
ある案件によって、元々酷かった労働環境が更に酷くなったことについてお書きしたいと思います。

その企業では金融系サービスの保守などを取り扱っていましたが、
所属した部署によって仕事の幅が大きく、部署によっては定時で帰る事ができ、休日出勤もなし。
しかし、部署によっては基本的に終電帰り、大体1ヶ月に2~3日程度の休日出勤が当たり前の部署もあり、その部署はよく社内に噂として流れて私の耳にも入っていました。

私は新卒でこの企業に就職しましたが、最初は運良く、あまり仕事が辛くはない部署に配属されて安心しましたが、
半年程度経った頃に最悪の異動は通達されました。

ある部署の人手が足りないという事もあり、新卒1年目にしては仕事をこなしていた私が運悪く選ばれてしまい、
終電帰りどころか、会社から出られない…。帰れない…。週6日での出勤は当たり前、仕事のスケジュールが遅れれば週の休みは一切なしという状況が続き、
そこに追い討ちを掛けるようにプロジェクトリーダーとその補佐が倒れ、指揮系統がガタガタ。
なぜか、ある程度プロジェクトを理解している新卒1年目の私が誰もやらないまとめ役をする始末。

そのような状況であるにも関わらず、周りの部署が巻き込まれることを恐れて、サポートを拒否する状況すら生まれる最悪な状況。
そのような状況でも、結局3週間は家に帰れない状況もありましたが、どうにかプロジェクトを終了させることが出来ました。
その後、元々突貫工事に近いプロジェクトになっていた為、保守でトラブルを再度起こしていたことを知ったのは会社を辞めてからのことでした。
私もその後、体を壊して会社を離れましたが、逆に会社を辞めることが出来てほっとした印象しかなかったことを鮮明に覚えています。

法律関係・G事務所、いつもイライラしているパワハラ所長

わたしが少し前に働いていた事務所では、入った後に分かったのですが、ちょっと怒りやすい人が所長をやっていました。
ちょっとしたミスでも、何かとイライラして何でもないような違いですらすぐコピーしなおせととんでもないことを言うのは日常茶飯事でした。

また、ちょっと知識が出てこなかったりするだけでものすごく使えないだの全然勉強してないだの、そんな歳でこんなやつはいないだの言ったりするパワハラや
性的魅力がないだの、結婚してないのはおかしいだの全然指導とは関係のない罵倒もよくありました。

ほんのちょっとした行動でも、何かにつけて怒鳴りますので、こっちとしては何をしていいのか全く分からなくなってきます。

その他にもきいた話では、役所の人間がミスをしたりなどしたときに電話で思いっきり何時間も口論になったり、場合によっては
人を事務所まで呼びつけて怒鳴りまくったりとひどいものです。自分が気に入らないととにかく怒鳴る人でした。

あまりにひどい暴言もありましたが、自分が嫌になって辞めたのが、疑心暗鬼です。ちょっとしたことでトン度もない事を疑い始め、いくら否定しても
絶対に信じないぞというようなしつこい部分があったので、この人とは信頼して仕事ができないと思って思い切ってやめました。

今となってはそれでよかったと思っています。あそこでは萎縮してなかなか仕事ができるようにならないと思ったから自分自身にもよかったと思っています。

5日以上、家に帰れずサービス残業

大手印刷会社Tは、新卒でアルバイトとして入社しました。
配属された部署では、大手スーパーのチラシや通販カタログ、宅配サービスのメニューなどの広告を作っていました。

自分の担当は「文字校正」で、広告の誤字・脱字、写真のズレや枠線がはみ出ていないかなどのチェックを行う仕事です。

アルバイトだったためか研修はなく、直属の上司の手が空いたときに仕事を少しずつ教えてもらっていたのですが、それは一日に数分程度の短い間でした。

人数の割に仕事量が多く、特にスーパーのチラシは毎週発行されているため、デザイナーも校正士も毎日サービス残業をして、食事もまともにせずに作業に取り組んでいました。
自分は何をしたらよいのかわからず、上司から命じられたコピー取り・広告のスキャン・ファイリング・電話応対といった雑務をひたすらこなしていました。

特に電話応対に関しては、パワハラ気質の常務から「電話に出ないとお前を殺す」などと言われていたので、かかってくるたびにビクビクしていました。

ひたすら雑務をこなし、校正の仕事をほとんど任されなかったにも関わらず、毎日のようにサービス残業には付き合わされていました。

終電を逃すのは日常茶飯事で、繁忙期は5日以上家に帰れず、家族とも連絡を取れなかったのでものすごく心配させてしまいました。

「無視され続けてうつ病に」

運送会社Sに派遣スタッフとして勤務していた時のことです。
とにかくセクハラ・モラハラがひどかったので1年程で辞めてしまいました。

まず、その事業所で2番目に偉いとされている定年間近の方。
女性スタッフに対し、誰彼構わず後ろから抱き付くように腕を回してくるのが当たり前の光景でした。
お偉いさんなので、何も言えずにただただひたすら愛想笑いでごまかすのが日常でした。

次に、長距離トラックの運転手の方。
出勤してくるなり頭ポンポン・汗びっしょりの手で、私の手を触りまくる。
すぐに長距離移動をするため荷物を積み込む作業に入るので、
これは時間にして短く、1日10分程我慢すればよかったのでまだマシでした。

最後に、一番ひどかったと思うのが、実際に仕事をするにあたって一番関わりの深い上司でした。
みんなに優しくて、冗談も面白く、とても良い上司だと思っていたのですが
ある日突然休憩中に呼び出されて、

「あなたのことが好きです。気持ちだけは伝えておきたかった。」

と言われ、花束を渡されました。

「君の好きな色の花だよ。」と言われ、半ば無理矢理でした。
休憩時間が終われば、またデスクで顔を合わせることになりますから、要りませんと拒否するわけにもいかず
仕方がなく「気持ちだけは…ありがとうございます。」と言い、花束をとりあえず自分の車の中にいれました。

そこから上司は気まずくなったのか、仕事についての質問をこちらからしても答えてくれなくなり、無視されるようになりました。

挨拶もしてくれず、目も合わせてくれませんでした。
さすがにおかしいと異変に気付いた周りの方々が、いろいろと気遣ってくれたのですが
その上司でないと聞けない業務内容もあり、仕事が進まなくなりました。

一番上の方に相談しても、話は聞いてくれますが根本的な解決には至らず、
結局無視され続けたことによって、私はうつ病になってしまい、退職しました。

ちなみに当時の私は19歳で、問題の上司は40歳を過ぎていました。
親子程の年齢差があって、更に私は10代。よく告白しようと思ったもんです。

銀行で社会人としては考えられないイジメを受けた

精神的いじめを受けました
今から数年前のことになりますが、金融M銀行に勤めていた時のことです。

当時の私は銀行の営業マンとして、顧客獲得のために毎日走り回っていました。

会社側から突き出されるノルマはそれは凄まじく、親戚全員に頭を下げて会社の顧客になってもらいました。会社側はそれだけではまだまだノルマが足りないから、金を持っているならお年寄りからでもいいから、だましてでも金をむしりとってこいと言われました。

実際に詐欺に近いやり方でお客を集め、裁判沙汰にもなっておりました。
あまりの酷い非人道的なやり方に私は我慢がなりませんでした。

すると翌日から私のデスクは営業部からなくなり、小さな個室に呼ばれました。
上司からは、お前のような素直に命令に従わない奴は、そこで1日中お札の数を永遠に数えてろと言われました。

朝から晩まで1万円札を意味もなく数えさせられて、ランチやトイレにも行かせてもらえない時さえありました。
1日中暗い個室に閉じ込められて、目の前にはお金だけが置かれて、気が狂って頭が変になりそうでした。

体調不良を訴えても部屋から出してもらえず、精神的に追い込まれていきました。とうとう鬱になってしまい、出社することができなくなって退職に追い込まれました。

突然の不当解雇

私が株式会社Nで働いていたときに、ブラック企業だと気づきました。
残業代を支払ってくれないということはなかったのですが、残業代を誤魔化されていると感じたことは何度かあります。

計算したらもらえるはずの残業代分が支払われていなくて「なぜ?」と思いました。
といっても数万円違うとかではなかったので、自分の間違いかなと思って黙っていたんです。

しかし同じ会社の同僚にその話をしたときに「え、〇〇さんも?」と聞かれて、怪しんでいたのは自分だけじゃなかったことに気づきました。そこで私はやっと残業代を不正に減らされていることに確信を持ったのです。

私と同僚は一緒に上司に掛け合って自分たちの残業代が少ないことを訴えました。
そしたら上に言い渡されたのは不当解雇です。

信じられないことでした。私が採用された時に大量に人員が採用されました。そのときに「珍しいな」と思ったんです。こんなに人を雇って大丈夫なのかと思いました。

そしたら案の定の不当解雇。どうやら酷いブラック企業に私は入社したらしかったです。
それにしても本当にやり方が汚いと思います。従業員をバカにしたようなこの会社の仕組みにすごく嫌な気分がしました。

ただ不当解雇されたおかげでまともな会社に最終入社できたので、それは良かったと思います。

千葉のスーパーSの実態

千葉のスーパーSの実態について紹介します。

募集要項には、基本給200,000円、賞与年2回、昇給年1回、その他社会保険等手当支給などと書いてあります。

表面では一見普通の待遇のように見えますが、入社してからその落とし穴に気づきました。まず、休日が年に105日と書かれていますが、これは全くの嘘です。
本社近くの大型店舗で働く人は、ほぼ毎日のように出勤し、2か月に1度、丸1日の休みがあればいいという感じです。
全体的に休日出勤が多く、そのほとんどが無手当です。

また、これは私の、調査不足でしたが、各種手当とは書いてあるものの、年金や保険は会社が負担してくれますが、交通費が出ません。
遠い店舗に配属にされると、交通費で月1万以上はかかるので、これもおかしいと思います。

また、賞与ですが、募集要項通り年2回支給されますが、手取りにして7万ほどです、何か月分が支給されるかは書いてなかったので、自己責任ですが、あまりにもひどいと思います。

年1度の昇給も10円単位のもので、実質的に、役職が上がらないと、給料はあがりません。
私は高卒でしたが、月の給料は手取りで約130,000円でした。スーパーではこのような事実は当たり前かもしれませんが、あまりの待遇の悪さに仕事が続きませんでした。

パチンコ店Sは悲惨

私が、2010年から2012年まで働いていたパチンコ店Sは明らかにブラック企業です。

まず雇用ですが、正社員になると月の休みは5日しかありません。
また、役職がつくまでは社会保険にも入れてくれませんでした。

給料は毎月手渡しで授与が行われます。
事務員の方だけは、銀行振り込みでした。

社内環境も最悪でした。
上司に気に入られないともちろん標的になります。
店長とは直接会話することはできず、めったにホールに降りてこないのに、降りてくると接客そっちのけで軍隊のようにあいさつに行かなければいけません。

たまたま接客していていけなくても、あとあと呼び出しをくらい説教をされます。
女同士は最悪で、みんなお局に媚を売っている感じです。
嫌われると、あいさつもしてもらえない、まるで学校のいじめのような感じでした。

退職を何度希望したかわりません。
言っても退職させてもらえず、胃潰瘍になってしまい、休暇をいただきたかったのに、動けるなら来なさいと言われます。

もう無理だと思い、自宅で療養していたら、鬼のように電話はくるし、職場から近かったこともあってか、挙句の果てには家にまで上司が来たこともありました。
結局、本社の方に連絡をし、退職となりましたが、手渡し分の給料はふりこまれることはありませんでした。

セクハラ社員のせいで次々と辞めていく女性社員

眼鏡専門店Aで1年間働いていました。

就職がなかなか決まらずにやっと採用になった職場でした。

面接の際に本社の人事の方から

【店舗は関東で5社あるがこの店舗だけ女性社員がすぐに辞めてしまうのでそのような事は無いように】

との事を言われました。

私が働いていた店舗は従業員が4人でした。

3人は男性で私だけが女でした。

入社をして一ヶ月が経過した頃、仕事も徐々に覚えてきて少し気持ちに余裕が出てきました。

すると男性社員から【彼氏とかいるの?】と質問されたので【います】と答えました。

この質問を機にセクハラが始まりました。

【もうエッチはしたの?】

【彼氏との体の相性はどう?】

【週にどれくらいエッチをしてるの?】

このような質問を毎日されました。

職場ではあまり揉めたくはなかったので最初は無視をしていましたが徐々にエスカレートをしていきました。

このままではずっとセクハラをされ続けると思ったので

【卑猥な質問をするのを止めていただけませんか?セクハラですよ】と伝えました。

しかし、【実際に体には触っていないのだから、セクハラにはならないだろう】と激怒していました。

その後もセクハラ発言は無くなりませんでした。

私はこの事がきっかけとなりうつ病になってしまいました。

病状は良くならなく、退職することになってしまいました。

その際にセクハラを受けた事を人事の方に伝え、今後はこのような事が無くなればいいなと思いました。