司法書士事務所T ブラック企業体験談

とある司法書士事務所Tで働いていました。
日頃から代表は「わしはすごいんだ、わしはきっちりしているだろ??司法書士はえらい!!!」とよくいっていて本当にすごい人というのはそんなこと一切言わないと思っていた私はほとんど聞き流していました。
あるとき、書類作成を代表に頼まれ作成していたのですが、少しネットで調べながら作成していたら「何時間かかってるんだ??こんな書類作るのにこんなに時間かかってたらお前の人生終わってる!!!わしが若くてパソコンをもっと使いこなせていたらお前なんか雇ってない!!!」
など罵声を浴びせられました。
ほんの10分、15分ですよ??しかも司法書士事務所の代表がこんなことを言うんだなと思いました。ほかにもいろいろありましたが、これをきっかけに退職しました。
ちゃんとボイスレコーダーに録音して労働基準監督署に提出するべきだったかなと今になっては思います。
私の次の方も入社して2、3か月はいいですが、半年くらいたつと代表が罵声を発し出すので、少々心配です。
法律事務所だから余計に気が気じゃないです。
こんなことくらいでと思われるかもしれません。私自身こんなことくらいでと思ったりもしました。
次仕事をするときはちゃんとした代表を見分けれるようにしたいです。

 

菓子製造販売店P ブラック企業体験談

業種はPという会社の菓子製造販売店ですが、持ち帰りも扱うお店でお客様の目の前で商品を造るというものです。

アルバイトは学生のような労働基準や法律に知識のあまりない中心に雇用していて意図的に有休はないというのを印象付けていました。

商品を作る行程で300度にもなる熱いオーブンを日常的に扱ったり、商品を陳列する熱いウォーマーが並んでいますが店舗が小さいので人がすれ違うのも難しいスペース、そこでオーブンを営業中フル回転させお客様にも大きなジェスチャーでアピールするのが日課でした。

 

これは店長の方針ではなくその上にいる店舗を巡回する人が決めてるのですがその巡回者は1人だったのでその場の気分でマニュアルを無視するような命令ばかりが出されました。

従わなければ気に入らないからという理由で退職方向に持っていくのですが、できない店長は減給されるので、アルバイトも人件費などを理由にあげて徐々に追いやられていきます。

オーブンで火傷をしても休ませることもなく冷やしたい旨願い出れば嫌味を言われ薬局で薬でも買って来いといわれますがお金はもちろん自腹です。

 

試食と言って商品を一通り買わされたり、社会人になったらこんなの当たり前だからといくつもの作業を割り当て、出来ないと終わるまで連帯責任にすると脅していました。

 

1日働けば使ってるバターの匂いで洋服は臭くなりますが更衣室もないので制服で出勤しろとも言われました。1度社員が溶かした大量のバターをアルバイトにこぼしてしまいましたがその時も着替えや弁償などさせませんでした。

 

母体が海外から入ってきた会社なのですがまだ小規模企業な故の知られないブラック企業でした。