ブラック企業の要素が盛りだくさんな会社

「自分が以前勤めていた会社はブラック企業だったんだな」と思うようになったのはその会社を辞め、「ブラック企業」というワードが日常的に使われ始めた最近のことです。なぜこのようなことを冒頭に発するのかというには理由があります。また、その理由こそがブラック企業を野放しにする最大の原因だと私は考えます。

では、その理由とは…。

「働いていると気付かないから」です。

今のブラックな環境がすべて当たり前に感じ疑問を持たなくなるのです。泣き寝入りを通り越した状態とも言えるかもしれません。初めは疑問を持つのですが、先輩社員は涼しい顔…、否定もしないし肯定もしない、そんな立ち位置の方ばかりでした。そして、激務の日々の日を重ねるごとに自分自身もその一人に…。

ブラック盛りだくさんな会社でしたが、その中でも今回は「長時間労働」についてのエピソードを挙げたいと思います。

終業時間の17:30になると社長が全社員に向けて「タイムカード早く切ってね~!!」と、フロア中を練り歩きながら促し、徹底して定時時間にタイムカードを切らせます。
その後に仕事が無く、社員全員がスパッと一斉に退社するのであれば何の問題も無いのですが、そこはブラック企業、その後4~5時間は残業を強いられるのが日常です。(もちろん残業代は発生しません)
また、月数回勉強会と称し通常より1時間早い早出出勤を強いられていました。(こちらも残業代は発生しません)

朝早くから夜遅くまでの勤務に耐えかねた一部の社員が会社を相手取り、労働基準監督署に相談し一度は立ち入り調査で指導が入り、一部残業代が支払われたのですが会社側は反省するどころか「あなたたちがダラダラと残っているからこんなことになった」と言い放ち、反省の色が全くありませんでした。

一時は残業を無くそうという動きもあったのですが風化も早く、これまで通りのサービス残業体質に戻ってしまいました。

また、幹部も完全に泣き寝入り体質で部下を守ることをすることなく、ただただ1日を、1週間を、1年を消化するばかりのNoと言えない方々ばかりでした。勤続年数が長い人はそんな幹部や社員ばかりです。そんな幹部や社員の中にもストレスや精神疾患を患い、長期休み中の方も…。復活しては潰れての繰り返しで、現場はとても不安定な状態でした。新しく人を雇っても、有能な方は見極めてすぐに他社へ転職をして出ていくことも珍しくはありませんでした。
そんな私も5年間在籍していました。その間に上司や幹部社員にも掛け合ったのですが煙たがられるばかり…。「従えないのなら出ればいい、従えている人はそれで幸せなんだ」という答えに行き着き、私は退社しました。

ブラック企業は名の通り「黒」です。働いている社員の視界も「黒」くします。他社・他人と比較する視野を「黒」く遮ります。
外を見る勇気を持って、Noと言える強さがなければ一生ブラック企業の食い物にされてしまいます。

「ブラックだった運輸会社」

運輸会社Kに勤めていたとき、ブラックな職場を体験しました。
社長や上司の方にはそれなりに親切にしていただきましたが、とてもこれから先、ここで働いていくことができないと感じ、私は既に転職してしまいました。

まずボーナスや残業代は出ません。これはブラック企業の常識(?)ですが、この企業の場合、交通費も5,000円の固定でした。

私の場合、電車の定期代だけで10,000円以上かかってしまうため、電車に降りてからバスには乗ると大幅に損なので、徒歩で会社に向かっていました。

私はその会社で事務として働き始めましたが、途中で倉庫内作業にまわされ、そちらの作業をすることになりました。

しかし事務員が足りなくなってきたのか、倉庫内作業をしながら事務員をやり始めました。
単純に仕事の量が増えたため、精神的にかなりしんどい時期があり、追い詰められてきました。

それでも何とか仕事をしていましたが、決定的だったのは、歳の近い上司を見た時です。
わりと年齢が近いことから特に親切にしていただいていたのですが、その方が「出世しても責任を負うだけで給料にも期待できない」とぼやいておられ、将来に対する期待が全くできませんでした。

ある日、勤務時間の件で会社が問題になった際、その方が責任を押し付けられていた瞬間をみたとき、この会社を辞める決心がつきました。

24時間死ぬまで働け状態のブラック企業

数年前に大手流通企業のフランチャイズ店を経営する販売業Sに勤めていました。
社訓は「従業員を大切にする」といった趣旨の内容で、表面上は素晴らしいことが書いてありますが、実態は社長が社員を奴隷のように使っています。

店長の年間休日は50日前後で延々と働かされます。
人が不足しているのにお金が掛かるからと採用活動に力を入れず、現場は疲弊していきました。
疲弊した店長が運営するお店では殺伐とした雰囲気になり、アルバイトの定着率も悪くなってさらに状況が悪化していくという事態になっていました。

アルバイトからは「店長たちを見ていると、この業界で働きたくなくなる」、「社畜」などと言われました。
社長に労働環境の改善を訴えても、「店内体制をしっかりできない店長が悪い」とネチネチお説教をされます。

現場をほとんど経験せずに社長になった方なので、部下の気持ちがわからず取締役からも嫌われていました。
そのため、役員同士の内紛などで会社を去っていった方も多いです。

中途入社が多い会社なので、社員はみんな頑張って耐えていましたが、某居酒屋チェーンのように「24時間365日死ぬまで働け」状態だったので、体を壊す前に退職しました。

今も会社は存続していますが、相変わらず改善はされていないようです。

大手企業なのに室内環境が酷い

某大手金融機関の事務方で働いていました。大手企業の子会社です。

統括事務センター用のビルでしたがエアコンをあまり効かさず常に熱帯状態。
お偉いさんがいるフロアは快適でしたが。

朝はまだましなのですが、1時間あたりでPC熱で熱帯雨林状態。
エアコン設定をもっと強くしてほしいと要望しても、地球にやさしいをうたっているからと意味不明なお達しが。

節電とはいえ、室内温度35度はいったりしたので気分を悪くして医務室に行く人もいて辞める人が多数。半年で半分以上辞めていましたね。
なので常に求人サイトの常連。

大手企業の子会社とはいえ、もうかっていないはずがないので、儲けは幹部社員にいくんでしょうね。
親会社の定年退職した年配者が全部天下ってなぜかその人達は雇用は派遣社員なのに幹部となっていました。

下っ端の社員はそれでは付いていかないので、社員として採用するのは若い女性のみでした。若い男性だと刃向かったり、すぐ辞めるから、扱いやすい若い女性のみ採用なんでしょうね。

熱い室内といっても、幹部社員のおじいちゃん達はエアコンの風が届くいい所で書類に押印だけしてましたね。
金融機関なので個人情報を扱っている為、熱くても窓をガラっと開けることができず、女性陣で結託して言いに行ったら、古めの扇風機が5台設置されました。いつの時代なのか。

しかもその扇風機は当初全体に風がいくような場所に設置されていたのに、いつのまにか幹部のおじいちゃん達の方向だけに向くように。

大手企業のグループなのでネームバリューに惹かれていましたが3年まで我慢して辞めました。

帰宅できない日々が続く労働環境

今私が勤めている会社はブラック企業です。

だれがみてもブラックに見えると思います。
システム開発会社に勤めています。

1週間のうちに帰宅できるきるのは1日あるかないかの状況でした。
仕事が終わるのが夜中の2時や3時。終電は必ず逃していました。かといってタクシーを使って帰宅するにはあまりにもお金がかかりすぎるので使うことはできません。
もちろんビジネスホテルなども毎日のように使っていては給料がなくなってしまいます。
結局会社に止まることになってしまいます。

特に宿泊施設を備えている訳でもないので、椅子にかけて机にもたれかかる姿勢です。
まったく疲れがとれないです。

しかしまだこうやって休めるのは幸せな方です。繁忙期は徹夜続きです。
眠ることさえできません。2日や3日の徹夜は当たりまえでした。

ろくに睡眠をとっていないので作業効率が落ちるのですが上司はおかまいなしに仕事を与え続けます。

おそらくかなり安い価格で仕事を受注してくるからこういった状況に陥ってしますのだろうと察しがつきます。
もちろんうちのような下請けを主に仕事としている企業は競争力がなく価格を下げてしか仕事を受注できないことも重々承知しています。
他の企業と差別化をはかれるような技術をつけなければなりません。

中途採用が多い会社はやっぱりブラック企業!

私が働いていたブラック企業は運送会社でKといいます。
この会社がブラックだと感じたところは多々ありますが、

まず
①長時間労働。なぜなら長時間労働しないと残業代なしでは生活できない給料に設定しているから。
全国に支店はあるが、支店によってはタイムカードを押して働かせているところもあり完全にNG。

②パワハラで訴えられた支店長が降格も減給もなく勤務していて半年後、昇格していること。
この支店長は某支店勤務時代2人の部下を鬱にして休職に追い込んだツワモノ。
部下の家族から労災認定をお願いされたが、拒否して労働基準局に訴えられて裁判沙汰。
この支店長のパターンは主に恫喝。
自分の意見に異議を唱えた人間には徹底的に罵倒して追い詰めていく、元祖パワハラ男
そんな男を降格もせずに放置ずる会社。間違いなくブラック。

③人の善意をアテにして、労働を強いる
コイツならほっといてもこなすだろうとを押し付け、知らん顔
不平を言うと「別に強要してないし、お前が勝手にしたことだ」と知らん顔
でも実際やらざるをえない状況に追い込んでおきながら、できなかったら猛烈に怒る。
できない責任は問うけど、できたことへのねぎらいもなく当たり前のような態度。
こうして社員のモチベーションを根こそぎ奪っていく。

こんな会社なので頭のいいできる人間からフェイドアウトしていきます。
そしてできない奴ばかりが残り、少しでもできる人間を見つけると仕事を押し付け
追い込んでいくのです

そしてNG人間ばかりが残り、賢い人間はできない奴の仕事まで押し付けられて
病んでいくのです。

私の経験したブラッ企業そんなところでした。
ちなみに離職率が高く、中途採用が多いのも特徴でした
中途採用の人間の給料は生え抜きより高く、
社歴一年目の人間と、生え抜き15年目の職員の給料が逆転しているので
生え抜きのモチベーションゼロ。
そしてみんな馬鹿らしくて辞めていく・・・の繰り返しでした。

長時間労働でストレスがたまり病院通いに・・

私が当時働いていた会社は、ミニライブなどが出来るレストランです。

当時はとにかく就業時間が」長く、お店のオープン前のセッティングからラストまで1日14時間くらい働いていました。

それから、上司の飲みに誘われることもありましたが、もちろん断れませんから一緒に行って帰宅は27時なんてこともありました。
次の日はまた朝10時から仕事でした。
土日はイベントが入れば27時頃まで職場に居ることもありました。もちろん残業代はありませんでしたし、休みも月に6日あったり、なかったりでした。

とにかく就業時間が長いのが苦で、辛かったです。
疲れもたまってしまい、ストレスで不眠症になってしまって、心療内科へ行くようになってしまったので、仕事をやめてしまいました。

仕事は楽しいときもありましたが、自分に時間が持てないこと、さらには体をこわしてしまい、家族に心配をかけてしまったので辞めて、少し休んで今は、週休8日、1日8時間労働、残業代もある普通の会社に勤めています。

あの頃の苦労がうそのように、自分の時間も有意義につかえますし、体も心も楽になりました。
様々な事情で様々な働き方があるとは思いますが、無理して働くことはいつか自分に返って来てしまうのだなあと思いました。

体はひとつで、体は資本です。これからも、心も体も健康に働きたいなあと思っています。

サービス残業、セクハラが横行する商社A

商社K
まず残業が多く夜が遅い。
システムが夜の12時まで使用できるのですが、仕事量がどう考えても終電には間に合いません。忙しい時期などは12時ギリギリまで処理をしてタクシーで帰らないと帰れないのですが、タクシー代も出ない、事務なのに女性を12時まで平気で働かせます。

また歓迎会、親睦会、送別会、お付き合いなどの会社の飲み会では一切自腹です。
そんな会社なので辞める人も、募集をするので入ってくる人も多いので歓迎会、送別会は絶え間なくあるのですが安月給な上に自腹で、送別会にはプレゼントまで用意するので本当にお金が足りないです。本当に参加もしたくないくらいです。しかも夜も遅くまでだらだらとしています。

セクハラも横行しています。
給湯室で突然抱きついてきたり、エレベーターで二人になる機会を狙って入ってくる上司もいます。本当に気持ちが悪いです。
トイレにいくのにもびくびくしながら走って行っています。一度女性の先輩に相談したのですが、抱きつくくらいといって笑われてしまいます。

経営者に一度他の女性社員が相談を持ちかけたところ問題になった事があったのですが、それをきっかけにその女性社員はセクハラをする上司にいじめられ辞職してしまったので
誰も怖くて言えない状況です。

ブラック企業での衝撃

私がとあるブラック企業で働いた日々。今思い出してもあの日々や時間を返して欲しいと願うばかりです。
1年前私は精神的な病気を患ってしまい、元々居た職場を退職せざるを得なくなり一度退職。その後症状が軽くなると共にパートでの仕事探しを始めました。

ふと目に止まった求人。
時間も短く、休日もしっかりとしていた。面接を受けに行き、その場で内定を頂きました。
鮮魚を扱う小さな加工場でしたがまた新たに頑張って行こう。その様な気持ちでいっぱいでした。勿論この時に私の病気のお話はしっかりとしていました。

しばらく働き始めた頃、ふと疑問に思う様な事が徐々にぽろぽろと出始めてきたのです。
まずは就業時間。当初の説明とは何もかも違うもの。

毎日残業、3時間オーバーなんて当たり前。ひどい時には9時間オーバーなんていう日もありました。

次に今話題のモラハラ。社長のモラルハラスメントです。毎日罵声を浴びせられました。気が狂いそうになるほど罵声の日々でした。

私の病気をも馬鹿にした様な発言を繰り返され精神的にどうにかなってしまいそうでした。
そんな中ストレスからでしょうか、医師の元で処方されていた薬を飲み間違えてしまったのです。勿論そのまま病院へ運ばれました。
症状が落ち着くとすぐさま職場へ謝罪の連絡。その際も激しい個人的な罵声を繰り返し浴びせられました。

勿論、私の個人的なミスでしたから申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。
誠意を込めて謝罪をしましたが全き聞き入れて貰えず。
その頃の私は医師から心的外傷後ストレス障害とまた新たな病気まで診断されていました。

激しいストレスの後に発症するとの事。もう限界でした。結果、私はそのまま退社。その後ケアや治療に専念しました。

今思い出してもゾッとする様な体験でした。人の心を持たないトップがやはりブラック企業を育てるのだと。目の当たりにさせて頂きました。

店長のモラハラが続きうつ病に

私が以前働いていた、洋菓子店Uはブラック企業でした。

配属された店舗は私を含めて2人しか従業員がいないので、休み希望も取れなかったのです。有給休暇はありましたが、使わせてもらえることは出来ませんでした。
休みの希望を伝えようとすると、店長が明らかに嫌そうな顔をしました。

私は新人なので、店長にはあまり言いたいことは言えず、ただ従うしかありませんでした。
誰もやりたくないような仕事を任されたり、忙しい時にはランチタイムもなく休めない職場でした。

本部の人に何度も従業員が少ないので新しい人を入れてほしいと頼みましたが、新人を入れていれることはありませんでした。
せめてお正月やクリスマスなどの忙しい時期は、派遣の方やアルバイトの方を入れてくれれば助かりましたが、売り上げが少ないと言いながら従業員が増えることはありませんでした。

店長は、悪口ばかり言う人で機嫌が悪いと挨拶を無視したり、嫌そうな顔をしているような人でした。モラハラとはこのような状態だなと思いました。

挨拶を無視しておきながら、いきなり仕事を頼んできたりするような人で、気に入らないことがあると、ため息をつかれたり首をかしげるような人でした。

このような職場だったので、うつ病になり退職しました。