会社O ブラック企業体験談

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK85_rousokucakeomedetou-thumb-autox1000-15667

 

私が今年の頭まで勤めていた某会社・Oは、今思えばブラック企業だったと思います。
Oはもともとレストランで、マダムがスイーツ、シェフが料理を作るちいさなレストランだったと先輩から伺いました。
私が入社した頃にはレストランは廃業し、奥さんはケーキ屋を、シェフがパン屋を経営していました。パン屋とケーキ屋は株を同じとするグループ会社でシェフが社長でした。
私はパン屋の方の就職を希望し、店長候補として採用となり、両店はグループ会社ですのでOグループの社員となりました。現在パン屋は県内に数店舗展開しています。

 

入社した当初は先輩も上司も仲が良く、真剣に仕事に取り組み互いに向上していこうという社風で、出入りしているコンサルタント会社の人からも「これから右肩上がりの企業だ、いい会社に入ったな」と声をかけられ、期待に胸をふくらませていたのですが、昨年のある人事により事態が一変しました。

某全国区で有名なパン屋でSVとして働いた経験があるというAさんが社長とコンサルタント会社の肝いりで入社してきたのは去年の春でした。

Aさんは県の施設にテナントとして入るためのプレゼンに成功し、晴れて入居が決定してからというものの、社長も含めて皆がAさんに一目置くようになりました。
と同時に今まで社長が決済していたほとんどをAさんが采配するようになっていきました。

小さなことでも情報共有がモットーだったのに、社長に報告すると「それは今後Aに報告するように」と言われるようになりました。
Aに報告するとその場で即答され、「社長に相談はしないのか?」と尋ねると「任されているから」というだけでした。
しかも後で知ったのですが、社長に報告すらされてなかったそうです。

そして、自分の言うことを聞かない人間は徹底的に攻撃し、良かれと提案した事案も気に入らなければ即却下。
前任のSVが採用したB店の店長に「あなたに店長は向かない。私はあなたを店長にしない」といい、言いがかりをつけて辞めさせてしまいました。
Aさんが入社してから、確かに店舗は増え、認知度は上がったように見えましたが、売上は伸び悩んでいました。
月例会議では「売り上げが伸び悩む理由は何か」を答えるまで帰してもらえませんでした。

そうこうしているうち、グループ全体がグレー色に染まっていきました。

クリスマスや年末年始の繁忙期に、パン屋が定休日にもかかわらず、いやそれをいいことにケーキ屋に駆り出され、遅くまで手伝いをさせられました。
昨年は「パン屋とケーキ屋は同じグループだけど勤労形態が違うから」と駆り出されることはなかったのに、です。

しかも給料には反映されませんでした。そしてその時ケーキ屋部門の人間に聞いたのですが、社長がケーキ屋の店長候補にと推薦していたCさんが、マダムにいじめられ、うつ病になって辞めたというのです。
私はそれを聞いて「完全にブラック企業だ」愕然とし、年が明けしばらくしてから辞めました。
ちなみにAさんに辞める理由は聞かれませんでした。去る者追わず、というより辞めたきゃやめれば?という感じでしょうか。
毎日、一刻も早く潰れるよう心よりお祈りしております。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)