個人事業会社 ブラック企業体験談

個人事業主のところで事務を行っていました。
私は高校卒業してすぐにアルバイトで入社させていただいてたところがブラック企業だということを今思い出し記事にします。
当時は、働けたらそれでいいので特にこれといって雇用形態など把握せずに面接しました。社長はとても愛想がいいというか話し方も態度も穏やかで、私もはじめての面接ということもあり緊張し少しオドオドしていたと思います。特にこれとなく面接を終え、受かる感じがしませんでしたが三日後ぐらいに連絡があり直ぐにでもという感じでした。
そこでは特に、はっきりさせないことが印象てきでした。事務ということもあり社長に直接指導を受けるなどしていました。
そして長年勤めていて怖い感じというか個性のある従業員の方がいました。その方の勤務態度には驚きました。社長がいればウロウロとなにかしらの作業をしていましたがいなくなるとそこに居た従業員もほったらかし露骨にその場を跡にするのです。来る従業員には好かれず、些細なケンカなどもあり。私もあまりよく思っていなかったので、そのために嫌でした。
そのときは世間知らずで、これが世の中と割り切り大人になれたらよかったと思います。それを続けてしまったため、嫌な気持ちが増しました。
季節ごとに仕事の内容はかわるため、はっきりさせない勤務時間などその上司や社長の間でとても疲れました。あとから知ったのは労働基準法により勤務時間オーバーなど、休日も基準に満たしていないようでした。
一見よさそうな社長に会社の雰囲気もなんだか穏やかそうでしたが、会社は赤字でどうしてこれを続けていくのか理解できませんでした。
仲良くさせていただいたパートさんやとても性格のよかった従業員さんは辞めていき、その方たちこそよく働き性格もよかったのです。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)