接客業 ブラック企業体験談

私が初めて就職した会社がブラック企業でした。しかし、私は社会人になったばかりでしたので、こんなものなんだ!と思っていました。

まずは、サービス残業についてです。
接客業と言うこともあり、長時間応対することも多々ありました。お店が閉店したあとも対応が終わらず、閉店後2時間以上応対することもありました。

しかし、給料明細には1か月全体で、3時間程度の残業手当てしか記載されていませんでした。店長によると、残業を多くすると、上司に注意をされるのと、年間の残業時間が会社独自で定めてあるのでその範囲内にしなければならないとの事でした。

残業だけではなく、休憩も満足には取れませんでした。
お客様対応が長引き取れないとう時もありましたが、ちょっとでもお店が混雑すると、15分だけの休憩となりました。

労働時間からすると、通常であれば1時間の休憩です。忙しい時は休憩も取れずに残業もあり、半日以上食事が取れないこともありました。

そして一番の疑問が、月8回の公休でしたが、何故か1日は有休が適応されていたことです。
そのため、長期間の休みは取れないのはもちろん、病気などで休みが続くと、有休を全て使ってしまったりというスタッフもいました。
そのため多少の体調不良では無理をしてでも出勤していました。

私はもう退職し、別の会社で働いていますが、あまりの待遇の違いに驚いています。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)