教育関係J ブラック企業体験談

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-04-PAK85_lalamaittawai20140321500-thumb-1000xauto-4446

私は結婚前、数社で働いた経験がありますが、その中で労務条件が一番ひどかったのは、教育関係のJという会社でした。
いわゆる、個人経営の小さな会社だったため、大企業に比べて待遇面が悪いことは承知していましたし、労働基準法を軽視しているだろうことは予想していました。

しかし、実際はそれ以上にひどくて、いわゆる「残業」が全くつけられなかったのです。

私の勤務時間は13:00〰22:00でしたが、22:00で退社したことはまずありませんでした。
実は教育産業だけに、22:00以降が勝負だったのです。

アルバイト(家庭教師)の登録を希望する学生からの電話は、22:00以降もじゃんじゃんかかってくるのです。
生徒さんへのアピール事項として、「どの地域であっても、講師を派遣できますよ」とうたっていただけに、あらゆる地域に住む大学生講師を用意しておく必要がありました。

つまり、学生からの電話は1本も逃したくない!という気持ちで、必死で電話を取っていたのです。
電話が鳴りやむのは、毎日23:30頃でしたね。そして、それからまた残った事務仕事をすることも、しょっちゅうありました。
そして、3ケ月に1回くらいは徹夜で勤務し、朝に帰宅していました。

こんな会社なので、ある程度長く勤務している人達は頑張り屋さんが多く、とても良い人達でしたが、さすがに体力が持たず、結局6ケ月で退職しました。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)