ソーシャルゲーム業界・V社 ブラック企業体験談

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-OOK3S0420140125180412-thumb-1000xauto-18264 (1)

【労働時間】ブラック度……★★★★★

労働時間はとにかく長かった。
定時は10時~19時だが、正社員に関しては実質22時が定時のような雰囲気。20時くらいから会議が平気で始まる。

ゲームのリリース前の繁忙期は終電がデフォルト。終電で帰れずタクシー帰宅になることもざら。ただし、タクシー代は申請しづらい雰囲気。
関係者への発注業務や売り上げ集計・分析、会議資料の作成などこまごました業務を終えるだけで定時は終わり、
その後にゲームのストーリー考案という、アイディアが浮かばなければいつ終わるとも分からない作業が待っている。

終電になると諦めて帰る社員が多かったが、家で徹夜でストーリーを作らざるを得ないケースが大半。
激務のため半数以上の社員が3年以内に転職。(しかし転職先もゲーム業界で、給料は上がっても労働時間は変わっていない印象)

【給与】ブラック度…★★★

新卒初任給が23万円程度と一般水準と比べれば高いが、45時間のみなし残業が含まれているため基本給だけでいうと20万円に満たない。

他にも無駄に昼の休憩が1時間半あったり、定時後に休憩時間が1時間あったりと、うまいこと労働時間を目減りさせる工夫をしている。
また前述のとおり持ち帰り仕事が多いため、時給換算をすると居酒屋バイト程度。

【ハラスメント】ブラック度…★

社内での不倫の話や酔った勢いのボディータッチ程度のセクハラばの噂は何度か聞いたが、深刻なハラスメントは特になかった。
産休や育休をとる社員への風当たりなども特にない(労働時間は長いが…)。女性社員が多いため、そのあたりは改善しようという姿勢が見られた。
若い社員が多いせいか、サークルのような雰囲気でイジメなどの話は特に聞かなかった。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)