大手飲食業A ブラック企業体験談

私が1番初めに就職した大手飲食業Aでの話です。
急成長している時期だったため、新人研修を終えることが無いまま、配属店舗から、遠方の新規店舗に異動になりました。
その後、新人研修には一度も参加できなかったので、私は使い捨て要員だったのかもしれません。

新店舗では、勤務時間は平均12時間あり、休憩はありませんでした。
初めての就職だったので、社会人になると、これぐらい我慢しなくてはいけないんだと、必死で絶えていました。

4店舗目の新規店舗は、まだ入社半年の私が、ホールの責任者として配属されました。
朝9時から24時までアルバイトと同じ作業を行い、そのあとにサービス残業で社員業務を行いました。

ホールの責任者なのだからと、アルバイトが足りない日には休日でも出勤し、週1日あるか無いかの休日にも、別の新規店舗のお手伝いに行くことが強制されました。
もちろん賃金は発生しませんでした。

新しい店舗の店長は、私に向かって「給料泥棒」と叫びながら、台を蹴ったり、言葉の暴力を繰り返しました。

ホールのパートスタッフさんたちは擁護してくれましたが、キッチンのスタッフは一緒になって、いじめのような状態になりました。
会社から提供された部屋は、店舗まで自転車で30分かかる距離にあり、寝る時間はほとんどありませんでした。

うつ状態になり毎日泣いていましたが、自分が悪いんだ、自分の努力が足りないんだと、自分を責めてばかりいました。
そんな時に、仲良くしてもらっていた、違う店舗の副店長がマンションから飛び降りたと聞いて、退職を決意しました。

退職を申し出てからも、なかなか辞めさせてもらえませんでした。
いったん、いままでで1番居心地が良かった店舗に戻りましたが、心の傷は癒えませんでした。

また怒鳴られるのではないかとビクビクしていました。
次に退職を申し出たときには、家族や友達にすぐに会える店舗に異動にするなどの提案がありましたが、断り、退職しました。

新店に異動してから夜逃げする社員さんも多かった中、きちんと正規の手続きを踏んで退職できたことは、本当に良かったと思いました。
その後、転職をして、いままでの環境は普通じゃなかったんだと気づきました。

テレビで大手飲食業AのCMが流れるたびに、いまでもドキッとします。
だんだんと人手不足になり、知識が無い人も動員されていく様子が、まるで戦争のようだなと、いまは思います。

当時は洗脳されていて、おかしいことに気づきませんでした。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)