リハビリ型デイサービスJ

大学を卒業し、初めて就職した先がリハビリ型のデイサービスJでの、インストラクター及び生活相談員としての勤務でした。
当時、リハビリ型のデイサービスは珍しく、ベンチャー企業として成長段階のJに就職出来たことは、少し誇りに思うこともありました。

入社して半年、そこそこの業務がこなせるようになった頃、
社会福祉士の資格を所持していたため、仕事内容と仕事量が格段にアップしていきます。

8時半から勤務開始でしたが、到底終わる量の仕事ではなく、
毎朝出勤は6時台。
もちろん早朝の出勤は手当など付きません。

さらに、朝早く出勤しただけでは終わらず、
6時終業のところ、毎日帰宅は21時・22時は当たり前。
時には終電がなくなり、宿泊設備などない店舗に宿泊せざるお得なくなることもありました。

本部の人間の言い分は、
「残業しても仕事が終わらないのは、自分の容量が悪いから仕方ない」
と言っており、自分で終わらせられない仕事のために残業代なんか出さない。
という見解です。

それでも社会に出てまだ1年足らず
「仕事はこんなものだ」と言われていたので、もはや洗脳だったのかもしれませんが、
サービス残業で必死に頑張る毎日。

店舗に宿泊するくらいなら、近くに住もうと住宅手当を申請すると、
通勤に1時間もかからない距離から来ているのに、住宅手当など出せないと言われました。

引越しする以前には、「通勤距離に関係なく、実家以外から通う場合は毎月4万円住宅手当の支給がある」
と言われ、引越しをしたにも関わらずです。

そしてその頃、同期が妊娠をしました。
これだけ使われてきて、妊娠した同期にかけた上司の一言は
「妊婦なんて使えないから、とっとと辞めろ」

他にも、すでに結婚してから就職した人は、
育児休暇があるためこの会社を選んだ人も何名かいますが、
妊娠するとことごとく、そのようなこと上司から言われ、
しぶしぶ退職していきました。

私は結婚も控え、この先子どもも欲しいと考えていましたので、
この会社では働けないと思い、退職を申し出ると、

なぜ今辞めるのか?
辞めなければ昇格させようと思っている

と言われ、退職を考え直したのですが、
一向に昇格の気配がありません。

その件に関しては、
「辞める気があるやつを昇格させたって仕方ない」
とのこと。

もうこんな会社に勤めていたら精神が崩壊すると思い、
退職願を突き付け、有給も中ば無理矢理消化し、無事に退職することが出来ました。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)