ブラックで名高いH通信

10年近く前になりますが、ブラックで名高いH通信で半年ほど働いた事があります。
募集の職種は企画事務です。

当時上京して、就職がなかなか決まらず焦っていた事もあり、ブラック会社だと事前に知っていたものの、事務職での正社員採用であれば何とか耐えれるではないかとたかをくくっていました。
面談も良い印象だったので、採用通知を頂き、働いてみることにしました。
異変に早くも気づいたのは入社して1週間ほど経った頃。

いきなり2泊3日の合宿に参加と言われ、
行ってみると大声で何時間も社訓を読んだり、同期社員と向かいあいお互いを罵りあう、
そんな追い詰められるような研修内容でした。

その時は社会人として耐えていけれるよう事務職も研修はこうゆう事をやるのかな?ブラックと言われてるのはこうゆうところ?と少し疑問に思うくらいでした。

合宿から帰り、翌週からは実務研修。
ロールプレイングや相手に聞かせる話し方など明らかに事務職ではなく営業?という研修内容が始まり、一度採用担当者にお話したいと思い事務所を訪ねるも、研修は職種に限らず全員一度はやるものだと言われ、事務職で働けるならばと研修も頑張って終えたのです。
しかしながら、実務開始日になったら、
会議室に全員集められ、研修で習った事を活かしてこい、一件取れなければ家に帰れないと思えと言われアポなし外回り営業を始めさせられたのです。

途中からおかしいとは薄々感じていたものの、事務にはありつけるとの言葉を信じ耐えてきたのにやはりといった感じでした。

ブラックとわかりながら入社した自分にも非があったのでとりあえず半年間死にものぐるいで頑張ってみましたが、毎日の罵声、大量の威圧メールに耐えきれなくなり辞めました。

もっと早く判断すべきだったと今でも職歴に傷をつけてしまった事を後悔しています。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)