清掃業K.A ブラック企業体験談

私が働いていたブラック企業は、業種は、清掃業で、会社名は、K.Aというところです。
この会社は、そもそもの始まりは、夜間のアルバイトから始めていて、営業中のコンビニエンスストアの床のワックスがけやガラスなどの掃除をメーンにやっていました。
この頃はまだ学生だったので、昼間は、何をしているかわからなかったが、昼間は、同じくコンビニやラーメンや映画館などの床、カーペットなどの掃除もしている会社でした。
学生時代も終わり、特に就職活動をしていなかった私は、アルバイトの続きでこの仕事をすることにしました。
夜勤だけの仕事なら慣れていたので、最初の内は何も問題無く、仕事をする事が出来ていました。たまに交代で、昼間の仕事に入ることはありましたが、1日に働いても長くても10時間くらいでした。
それが、ある仕事が舞い込んで来てから、徐々にブラック企業に変わっていきました。
夜中の仕事が、コンビニから大型のスーパーの清掃にかわり、昼間にコンビニの清掃もすることになりました。
清掃にかかる時間が、夜は6時から朝の6時頃まで、昼間は、8時から夕方までという、1日に夜勤、昼勤という連続のシフトが出来上がりました。
人は募集しているのですが、なかなか続くひとがおらず、このシフトが、何年も続いていました。

給料の残業代はどれだけやっても一律八万でした。割に合いませんでした。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)