小売業M ブラック企業体験談

私が経験したブラック企業はというと、大学を卒業して初めて務めた所でした。

Mという小売業を営む会社で、なぜその会社へ務めることになったのかというと、そこの社長が出していた本を読み感銘を受けたことが始まりです。

22歳で若かった私は、本に書かれていた社長の会社でやりとげたいこと、仕事の素晴らしさを伝える文章にとても刺激を受け、この社長のもと働きたいと強く思いました。

そして、入社試験を受けて無事に通過。早速勤務がスタートし、いっぱい学んで素晴らしい社会人になろうと、そう決めたのです。

しかし、働き出してから少しずつ疑問点がわき出てきました。まずは、配属先となった職場の先輩がまったく元気が無かったのです。

初対面にも関わらず「大変なところに来たね」という一声。

その言葉通り、仕事は過酷の一言に尽きました。

週休二日ということで聞いていたのにも関わらず、週一での休みがあるかないかの状態。最初は、これも勉強と思い仕事をしていたのですが、半年たってもその状態が続き、さすがに上司に相談をしました。

すると、休みがあるだけましだろ?の一言で終了。

そして、その後社長から「休みがほしかったら辞めれば良い」と言われたのです。

上司は我慢できましたが、憧れていた社長からこの一言を受けたときはさすがに心が折れました。その後、すぐに退職して今は平穏な会社に勤務しています。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)