郵便局の正社員 郵便局の実態

ブラック企業で働いた経験を皆様に知っていただきたくて、この記事を書くことにしました。
私は郵便局に正社員として勤めていました。

10年前までは公務員でしたが、民営化の流れで株式会社の会社員という立場になりました。
当然のことながら営利企業の一員です。

会社の利益を第一に考えなければならない職場風土に変わりました。
社外から見る郵便局はどんな風に見えるのか「いい会社にお勤めですね」と言われますが、中身はブラック極まりない事を誰が想像するでしょう。

まず、ノルマの消化のための上司からの圧力が強力であることがあげられます。
年賀葉書や暑中見舞葉書は販売枚数は右肩下がりの商品です。

経費節減やメール全盛のご時世の影響もあるでしょうが年間売上の大半を年賀葉書に頼っている体質上、目標は必達です。

そのために毎朝、朝礼で個人ごとの販売枚数が発表され、販売目安をクリアーできなかった社員はビールケースを逆さにしたお立ち台の上に立たされ、みんなの前で「申し訳ありませんでした。」と反省の弁を述べさせられます。

管理者は「お客が買ってくれなければ、自分で自分に営業しろ」と言います。自腹を切ることを100パーセント否定する訳ではありませんが、これで会社を辞めていく仲間を何人も見てきました。自分は何とかなると思っていましたが、限界でした。

無理を強いる営業面のほかにも勤務時間の管理がデタラメです。
「責任論」なる論法で「君はプロなんだから勤務時間内に処理が終わって当たり前。
もし終わらないとすれば自分に至らない部分があるからだ。
そこは自分自身の責任で完了させてから帰ってください。」と、残業手当を払ってくれません。

先日、労働基準監督署へ告発したところ、未払いが認めれれて管理者が処分されたところです。
ブラック企業の代表的な会社、それは誰にとっても身近な存在である郵便局なのです。

31件のコメント

  • ヤッシー

    去年の終わりぐらいから知人の紹介で局に入りました。やはり端末機の扱いに戸惑う毎日です。私は軽四の配達業務(混合)ですが、本来配達がメーンなのに、出発前の作業やら中例やら、で配達時間が制約される為時間に焦りが出てやはり事故などがありうると思います。端末機自体配達業務と関係ないものまで、入っている為必要な事柄までたどり付けない時間がロスに繋がり出発時刻が遅れるケースが多い実態だと思う。

  • 匿名

    片側交互通行の道路で120kmも出さないと配達が終わらない、追跡120,書留60を三時間半でこなして帰り、また三号便に出る、いい加減無理

  • 匿名

    皆さんのコメント読むとどこもヤバいですね。 

    私は仙台市内の特定局で課長代理で集配の班長をやっていますが、年々労働環境は酷くなっていますね。 
    支社の人員の適正配置とか言いながらの必要以上の人員削減、DOSSに本当の作業時間入力をするとダメだし、焦らす環境を作っておきながら事故を起こすと犯罪者扱い。
    郵便体操をしっかりしないから事故を起こすんだと怒鳴る管理者・・・・・。 
    もうメチャクチャです。
    奴隷か家畜、駒扱いされています。 

    それでも去年までは、そこまで苦しくなかったんですけど今年から東北ワースト3に数えられる局長が赴任して来たら一気に地獄になりました。 
    ちょっとでもミスると始末書、余計な作業をどんどん増やし11月からは毎日超勤2時間は当たり前、私は班長なので班長業務も含めると3時間が普通になってきました。 
    班員はあまり文句も言わずに休憩15分ぐらいで毎日頑張ってくれていますが、限界を超えていると思います。  
    超勤が多くなったのを見て、この局はだからダメなんだと文句ばかり言っています。 
    組合も全く動かないしやりたい放題です。

    これから年賀状の準備ですが、集配の足を引っ張る方法ばかりを指示してきています。 
    市内では新仙台でしか行っていない立ち区分を導入するそうですが、あれはセルワゴンがあるからまだやれていた方法なのに、通常の区分台では疲労が増すだけです。 
    集配の邪魔する局長、早くいなくなる事を願うのみです。 

    今年の年賀は10連勤になりそうな雰囲気です。

  • 東北

    自分の所も本当に厳しい。
    休憩取ったらまず定時で上がるのは無理。
    1人あたりの仕事の限界量を超えてるし、助け合っても皆ギリギリ。

    課長が集荷に行かなければならない程の人手不足。
    毎日1時間~2時間超勤は当たり前。
    2017年度の交通事故10件以上。

    委託業者のバックレ。
    配達員の相次ぐ離職。
    部長も朝礼で「正直苦しい」というほど。

    ただ毎月あるカタログの営業ノルマは「1個」
    お中元やお歳暮などは、正社員「2個」、期間雇用「1個」

    何があっても「ゼロ」だけはナシだよというスタンス
    かなり低いノルマなので皆「自分で食べる用」「友人や知り合いにプレゼントする用」として自分で買っているのがほとんど。

    無理な営業ノルマを課せて1人でも仕事を辞められては非常に困る様子。

    確かに大変な仕事ではあるけど
    全員が協調性を持って、一緒に頑張ろう!と一致団結している仲のいい職場であることが唯一の救いだと思う。

    職場の人間関係が悪い上に、過剰なノルマ
    パワハラや、無能な上司ばかりの局なら
    辞めてしまえばいいと思います。

    嫌なら辞める。
    嫌な人は辞めていく。

    最終的に痛い目を見るのは会社側の人間なのだから。

  • 泣きたい

    今年5月にゆうパックの取集(コンビニ・特定局)に期間雇用社員として働く事になりました。
    私は女性で1番忙しいところをやらされてます。
    私より、先に入ったおじさん、後に入ったおじさんはポスト取集です。
    ラクみたいです。

  • 匿名

    ようやく民間の苦労の分かるかたちに変わってきたことがわかります。民間は大変なんです。それでも、郵便局は大きなシェアを持っているので、中小企業とは比べものになりません。中小では郵便がやっているような日頃の業務に、さらにシェアの拡大を求められる。決まったところに売れば良いというものではない。会社を生き残らせるためには、従業員一人一人のレベルで休日とか残業とか言っていられないんですね。はたらくとはそういうことです。
    役所や他の交通局などの機関もできる限り民営化をすべきですね。

  • 匿名

    私はコールセンターなのですが、上司と先輩からの新人へのパワハラが酷いため、新しい人はみんな試用期間に辞めてしまいます。
    水分補給する暇もないくらい電話が鳴り、8時間ずっと受話器に耳を押し付けている為、突発性難聴に初めてなりました。
    お客様には無駄に怒鳴られたり、クレームが毎日くるのですが、内務と集配が仲悪いので、罪のなすり合いや、悪口合戦の日々。
    出来ることと出来ない事があるため、お客様と現場の板挟みで、頭が可笑しくなりそうです。

  • 郵便屋

    郵便局外務勤続20年を迎えました。
    私は過去に課長や班長から「早く配達から帰ってこい!」と偉そうに言われ配達時間の焦りから2回交通事故に遭いました。
    一回目の交通事故では第三腰椎圧迫骨折、右足座礁
    二回目の交通事故では頚椎捻挫、腰椎打撲
    二回目の交通事故から2ヶ月が過ぎた頃から強迫性障害【誤配が気になり何度も手紙を確認する症状】に苦しむようになりました。
    当然、配達にも時間がかかるようになり、自分で強迫性障害の克服に向けて病院を廻りました。
    最近ですが脳脊髄液減少症のグレーゾーンになっていることが判明して脳脊髄液減少症の症状の一部に強迫性障害や自律神経失調症が含まれる事が自分で調べて分かりました。
    脳脊髄液減少症のブラッドパッチ手術を昨年2回して現在自宅療養中です。
    近く復職する予定ですが、またあの殺伐とした蟹工船のような職場か…。多分…みんな私の事白い目で見るんだろうな…。このまま休職期間中に転職してしまおうか?
    とか頭をよぎります。
    今年の4月にオーストラリアのトール物流会社の海外投資に失敗して4000億円の負債を抱え大赤字になりました。
    今度はあまり業績が良くない野村不動産を買収しようとしています。
    あの東芝を潰した西室の罠がチラつきますし、おそらくまたペリカンとの合併失敗時のように全社員が何の責任もないのにボーナスカットされそうです。
    44歳になりますが、一旦復職を目指しますが裏で密かに転職も視野にいれています。

  • 匿名

    郵便局は福利厚生がいいと言われていますが、自爆で年間20万かそれ以上商品を買わされていると思うと、一回分くらいボーナスを返納しているようなものなので、いかがなもんかと思います。身内が働いている製造業の会社の方が福利厚生はいいように思う。
    とにかくパワハラと精神疾患の社員の数が尋常じゃない。
    国営体質を批判する声もあるが、仕事へのプライドや意地、管理者の質、自爆強要がなかった、郵政論文や提案制度、頻繁な表彰制度で、改善意欲がある職員を評価してくれたなどのいいところは国営時代の方がはるかに多かったし、はるかに働き甲斐があった。ボーナスも今より良かったし。売れないものを打ち切る(さくらメールなど)潔さも、国営時の方があったと思う。

    この会社は潰れないとは思うが、市場規模としては団塊世代が亡くなっていく頃には採算など全く取れなくなり、私が思うに郵便事業は再度国営事業にし、結果的に以前の方な独立採算ではなく、税金で給与を補てんするような形にしないと持たないのではと察する。
    インフラとしてはなくせないが利益が追求できる事業ではないからだ。

    気になるのが熱意がある40代50代の誰からも信頼が厚い上司に限ってお辞めになっていき、20代の問題意識の強い優秀な人材程3年以内に転職する。
    残っているのは向上心がないイエスマンが多い。正社員より期間雇用社員の方が問題意識が高い点も気になる。
    仕事の無駄の多さにもイラつくが、仕事自体より恫喝や対人面でのブラックさは常軌を逸しているので(配属先によって当たりはずれはあるが)郵便局でそこそこ働けた人は、他企業の対人関係の多少の確執など余裕で耐えられると思う。

    • 匿名

      商品を整理すべきなのにやたら多い。だから人手が掛かり時間も掛かる。提案を言える立場の役職者も改善を上申しない。役員の出した損失を平社員が安い給料から身銭を出しあい穴埋めし、自爆までして支える、超勤を減らすなら配達時間帯の見直しや、不採算な特約集荷の中止など役職が考える事がたくさんあるはず。

  • 匿名(仙台北)

    郵便局は自爆営業か伝統だと課長代理自信が言います

    局長は局長で配達員の粗探しばかりでお飾りです

    暑中見舞い、年賀状、ゴミのようなカタログギフトとキリがありません

    もう限界です

  • 匿名

    まず、事務員が多すぎる。コールセンターはお菓子食べながら電話対応。外務員はやってられない。

    • 匿名

      私も同じ局です。 

      あの局長が来てから地獄ですね。 
      早く脳梗塞が再発するか、来年地元に戻る事を切に願っています。 

  • 匿名

    ムリ・ムダ・ムラ無くすと上は言ってるけど
    増えるばかり。笑っちゃうよ。
    人は足りない、コピー、印刷で紙使いまくり
    原付カブ補充しちゃう´д` ;

    • 匿名

      公務員の時の方がやりがいも収入も良かったね。
      今はお勧め出来ないね。

      • 匿名

        本当に、公務員自体の方がやりがいがありましたよ。
        個性に応じて適材適所も考えてくれたし、OJTの甘さは昔からありましたが、それでも何とかしようとしてマニュアルを作ってくれる上司とかもいましたしね。

        私は国営の時に、漫画家志望だった腕を買っていただき、年賀ポストのデザインを任されたり、地域区分局の差し立てのマニュアルを漫画で作成するように指示され、本当にやりがいがある仕事を任せていただけました。評価ランクもかなり良かったです。
        でも、民営化して、年賀倉庫に閉じ込めてパワハラする上司がいたり、内務なのに外務の営業を目標の1.5倍達成しなかったからって評価を下げられ、挙句コンプライアンス窓口に職場内の不祥事を通報した人間と決めつけられて局長をはじめ総務部長など3人の上司から酷いパワハラを受けました。評価も最悪です。
        国営時代の郵便局に戻ってくれるならもう一度働きたいですが、十数年、何百時間というサビ残をこなして会社に尽くしたのにこの仕打ち。精神を病んで、体を壊したので、近く退職予定です。

    • 匿名

      残業代の未払いを提訴した人が居ました。
      労働組合に相談したけど取り合って呉れなかった様で、外部組合に相談し提訴したらしい。
      会社は未払いを認め多くの社員が救済されたが本人は降格
      させられた。?!表向きは自己都合?

  • 社員

    新しく移動になった配達地域は地獄。普通の配達物数でも、配達するだけで7時間以上かかる異常な広さ。

    基本8時間勤務なのに、7時間以上配達とか物理的に不可能ですと上司に報告しても、全く聞き入れてくれない会社。

    目先のことしか考えず、とりあえずその日が終わればいいという自分の評価しか考えない管理者だらけ・・・

    配達員は人間扱いせず駒扱い・・・逆らえば評価システムという給料下げる脅迫が待ってます。

    未来は真っ暗なダメ会社です。

  • 匿名

    仕分けのバイトでも数ヶ月たち辞めないだろうと判断するのかわかりませんが、ハガキのノルマを課してきます。面接で営業あるといいましたよね、知り合いや親戚に営業してくださいと言ってきました。
    ほぼ最低賃金なのに勤務外で営業しろとは言いませんが、実際勤務外でするしかないですよね。博多北郵便局です。

    • 匿名

      怪我で休んでいる時、上司から電話が有り、営業の成績が悪いから電話で営業しろと言われた。怪我が治り出勤したら、
      エレベーターの中で2人だけのとき上司から売れなければ自分でやれと言われた。自爆しろと言っている様だった。

  • 匿名

    郵便局に勤めています。人件費削減で、1人で配達、ポストまわり、市内局まわりなどをしていますが、時給は上がらないまま、配達の仕事に戻りたいと何度希望を出しても、無視され続け、勝手にシフトを組まれます。もう限界で、退職します。
    人件費削減って社員のボーナスやら、社宅費やらが一番なんじゃないの?あんたらのボーナスのために、契約社員はいるわけじゃないよ、アホが。

  • 社員

    配達の仕事である職場で配達の車両が足りないというお粗末さ。
    かつては1人1台バイクが与えられてたものの→休みの人のバイクを使って車両を減車させ経費削減したつもりだろうが→バイクは毎日フル稼働→点検・修理に出せなくなる→故障があっても予備のバイクが無いから仕方なく故障車両でも使う→致命的なダメージとなり高額修理となるが、高額修理だと本社の許可が下りるまで半年も1年もかかる。全国的に高額修理が多発してるからには審査されるまでにも時間がかかるんですな。しかし新しく更改されるバイクかなかなか来ない。
    アルバイト募集ハガキを撒けと急かすものの、採用したところで使わせるバイクが無い…そんなの小学生でも理解できるのに。支社・本社の連中はバカだ。

  • 匿名

    外務です
    かもメール販売が社内目標いったのにも関わらず、まだ売れと上から圧力
    最終的に個人目標いってない人の分上乗せ。なにこれ?あくまで目標のはずだよね?まあ、今さらだけど
    他にも契約社員と正社員のノルマがほぼ変わらなくなってきてる
    時給の安い内に
    様々なノルマをかせらせるのは生活に支障をきたすレベル
    多少の自爆は仕方ないがここまで酷い会社もあまりないだろう

    • 匿名

      宅配会社との合併で赤字になりボーナスが半分に減った時、ローンの支払いの有る社員には利息付きで金を貸すと言っていました。役員は少しの減額だけで役員報酬を受け取ったそうです。

  • 名無し

    ワイ、ゆうパック配達員。
    一時間に25〜30件回る模様www
    集配やないで?
    ゆうパックやでw
    こんなんでも営業せえとか言うアホが上におる限りもう無理や。
    今月一杯でもう辞めるわ。
    お前らも、こんな基地外企業には絶対に来んなよ

  • 匿名

    ゆうパックと集荷をしています。3分に一軒が普通だと、上のものに言われています。でも言っている本人は1回は人身事故、2回目はスピード違反。バカで道の組立て順番が出来てないんじゃないのと、毎日のように言われ、たまに叩かれます。少しのミスも許されません。自分の印もれやミスは平気でも、私の印もれがわかると、大騒ぎです。課長代理や主任リーダーなど3人から、叩かれます。一時鬱になり、しばらく休みましたが、辞めさせる方向に話を持っていこうとします。辞めるのは簡単ですが、辞める前にパワハラいじめなどを、皆さんに知っていただいてから、辞めたいと思います。

  • 匿名

    16.1日の配達量(ノルマ)。
    それでは1日でどのくらい配っているのかを話しましょう。1時間に
    12件配れと言われています。つまり12件×7時間で84件が大体の
    ノルマでした。つまり1件につき5分、それも距離を含めてです。
    しかもその間に、夏なら暑中お見舞いのはがき、そして年賀状、その他
    もろもろの品のセールスを行えというのです。あなたはできますか?

    17.無い無い尽くし。
    配達していてまず気付くことは、表札の無い家が本当に多いという
    ことです。それは同じ苗字が連なる地域ではそれこそ命取りなのです。
    さらに呼び鈴も無い。有ったとしても中で鳴っているのかが判らない。
    さらにさらに玄関も、郵便受けも無い(見当たらない)。

    18.お金を管理してる部署がやっぱり一番偉い?
    お金が関わる品とそうでない品とでは当然ながら扱いが違います。
    配達準備の仕方や不在で届けられなかった品の扱い方も大きく変わって
    くるのです。そしてそこには理不尽な締め切り時間があり、配達が不慮
    の事故で遅くなっても取り扱ってくれないのです。その部署の長の権力
    がずば抜けて高いのです。その力は部長以上。つまりすんなりと帰宅
    できるかどうかはそのやり取りが旨くいくかいかないかなのです。
    配達員は常にそのことも頭に入れながら配達しているのです。

  • 匿名

    13.よく取り挙げられるニュースについて。
    よく配達物を配らないで、自分のロッカーに隠したり、捨て去ると
    いうニュースを目にされると思います。確かにこれは度が過ぎた行為
    ではあるのですが、こういうことをせざる負えない状況下が郵便局には
    存在するのです。少しでも内情を知っている者にすれば、
    「仕方ないよね。」という諦めにも似た感情を持つことでしょう。
    私もその1人です。

    14.「再配達」問題。
    「再配達」それこそは郵便局における最大の問題といって良いでしょう。
    1度の配達業務で全てを配達できることはまず無いのです。
    ゆうパックの配達は、朝10時〜12時半、昼15時〜17時、夕18時
    〜19時、夜20時〜21時の4回のサイクルで行います。
    朝の段階で配り切れなかった物が、お客様の電話連絡で午後の昼、夕、
    夜に再配達という形で配ることになります。午後の配達が少しでも楽に
    なるよう配達員は朝の段階で配り終えることを目標にします。
    特に「お金」が絡む物は準備も配達も面倒なので優先的になります。
    配達はこの制度によって左右されているといって差し支えありません。
    センターに戻って即刻に再配達ということも当たり前、居留守を使って
    るんじゃないか?と疑ってしまいますね。
    酷いものになると、4回も同じ場所に行って「不在である」ということが
    あるのです。これを平地ならともかく、マンションの最上階でやられたら
    ・・・考えたくもありません。

    15.マイナンバーカード。
    アホな政府(特にあの女大臣)に従って、よくこれを配り終えた
    と思いますね。
    勿論多くの犠牲者の上に・・・。

  • 匿名

    11.”矛盾”なだけで無駄なことが多過ぎな古い経営体質。
    1.でも述べたように交通事故多発の原因は”配達時間の厳守が
    あまりにも厳し過ぎること”にある。これを解消しない限り
    交通事故は決して減らないし、無くならない。
    例えば誰かが事故を起こせばすぐに「事故検証会議」を開くの
    だが、開くことは構わないがそれを仕事の一番忙しい時間帯に
    平気で開きやがるのです。それも平気で30分以上も。
    そのおかげで普通でも大変な配達がさら厳しくなるのです。
    特に新人さんにとって配達時間を削り取られることは命取り。
    まさに“矛盾”なのです。毎日朝礼で行うジェスチャーによる
    左右確認などは全くの無駄。
    何度も言うが、交通事故の原因は”配達時間の厳守があまりに
    も厳し過ぎること”だ。

    12.仕事場の雰囲気は当然に最悪。
    郵便局では局長が会長職にあたる。つまりこいつは”お飾り”。
    社長にあたるのが部長職。そして配達員に直接支持をするのが
    課長職になる。そして課長は常に部長に怒られています。その
    ような場面を幾度見たものか。だから自然と部長からの指示が
    全て正しい事、全てになるのです。よって常に朝礼ではベテラン
    の配達員と課長とで“常に足らない人員不足についての論争”が
    起きるのです。そして結果的には無視状態が続くというわけです。
    だから社員間の関係も非常に悪く、いびつな派閥を作り他人の
    悪口ばかりの日々。

  • 匿名

    さらに追加します。

    6.作業場所が狭い(無いに等しい)。
    当たり前のように配る品の大きさはまちまち。ハッキリ
    言って繁忙期なんかは、物を置くスペースを確保するだけ
    で大変。そうなると仕事のスペースは無いに等しくなる。
    そのような場所で地図などと格闘しなければならない。
    当然、認識間違いによるミスが多発する。

    7.車を止めるスペースも無い。
    配る場の車の駐車場所の確保が大変なことは当たり前
    ですが、配達帰宅後の駐車場所の確保が異常に大変。
    なにせお客さんも使用しているので自然と場所の取り
    合いが発生することになる。

    8.地域に絶対に行きたくない配達場所が存在する。
    配達地域によっては、ベテラン配達員でも配達するのが
    困難な場所が存在します。山奥なので道もしっかりと舗装
    されておらず、昼間の明るい内ならなんとかできますが、
    夕方以降、特に天気の悪い時は不可能に近い場所の配達が
    あるのです。

    9.引っ越し作業もやってます?
    卒業シーズンの春などには、引っ越し作業が当たり前の
    ように入ってきます。その大量な品に「郵便局に頼むなよ」
    と思いました。また高校生の修学旅行などの糞重い旅行
    バック等も運ぶ時があります。頼むのはすべて高層ビルの
    住人のお子様。

    10.絶えず人手不足なのに・・・
    絶えず人手不足です。なので新しい人が入ればその時が「休む
    チャンス」なのです。私もあからさまに、それをされました。
    酷い者には腰が痛いと2カ月以上連続で休む奴もいました。
    人手不足なので、局自身が外部から応援を頼むのですが、
    先の「集金」作業まではやれないとなるので、何の応援にもなら
    ないのが事実です。つまりそのしわ寄せがすべて新人に降りかか
    ってくるのです。

  • 匿名

    私は約半年ゆうパックの配達に従事しました。その実体験を元に
    「郵便局の実態」をお伝えしたいと思います。
    以下に記載することが1つでも出来ないと思う方は、働くことを
    辞めるべきです。

    1.配達時間の厳守。
    ゆうパックは、軽自動車に乗って配達しますが、その最初の壁と
    なるのが上記です。すべて「ハンディ」という端末機械で配達時間
    が管理されます。そして配達にはご存じの「時間指定」があります。
    その時間管理は非常に厳しいもので、1秒遅れる事はもちろんの
    こと、1秒早く届けることですら違反となるのです。違反になれば、
    次の日の朝礼で部長直々に注意されます。つまり外に出たら自由に
    なれると思っている人は、そうでないことに直ぐに気付くでしょう。
    とにかく時間に縛られるのです。これにより事故も起きます。

    2.天候(大雨・台風・大雪)、夜、気温。
    どんな天候でも配達は行われます。どんなに対処しても人の行動は
    自然現象には敵いません。また夜と昼とでは同じ場所でもまったく
    異なります。そして気温。寒さならなんとか耐えられますが、問題
    なのは暑さ。高温の中での高層マンションの配達はまさに生き地獄。

    3.高層マンションの配達の恐怖。
    どんな地域にも高層マンションはあります。配達品で重量品と考え
    られるものに30キロの米&水等がありますが、そういうものほど
    高層マンションでは好んで頼まれます。しかもほとんどが5階以上。
    エレベーターが無い古い建物なんかは最悪です。不在の場合なんか
    はもう・・・

    4.ただ「配る」だけでは無い。
    ただ「配る」だけなら何とかなるでしょう。そこに「集金」、
    「回収」作業が加わるのです。お金が関わってくことで、さらに
    難しくなります。それも8%の中途半端な消費税のせいで1円単位。
    まるで銀行員のような錯覚がありました。

    5.配達終了後の方が大変。
    配達が終われば直ぐに帰れるわけではありません。配達証の整理、
    お金の管理、正確な端末入力、何かと多い無駄な提出物記入等。
    他にもいろいろありますが、どれ1つも正確に合わなければ帰れま
    せん。しかも終了時間が決められているのでそれを1時間以内で
    行わなくてはなりません(早く帰りたい管理者に急かされます)。

    これらに「夏の暑中見舞い、正月の年賀状の強制販売」が加わります。
    これだけでも特にキツイ部分を挙げただけです。とにかく体力・知力・精神力が必要だということです。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)