サービス業フードチェーン店のG社

私が以前所属していたサービス業、フードチェーン店のG社のブラック企業具合は、今思い返しても恐ろしいものでした。

当時はお金に困り、とにかく稼ぎたい一心だったので深く考えないようにしていましたが、あのまま働き続けていたらニュースに出ていたかもしれません。
「働きすぎで過労死」という最悪のニュースです。

そのお店は閉店こそあるものの、営業が深夜に及ぶため夕方以降のディナータイムは地獄のようでした。通常その時間帯は高校生が20時迄、それ以降は大学生が深夜帯まで活躍するのですが、うちには学生アルバイトが全く集まらず、悠長におしゃべりを楽しみながら働くおば様がたと社員の私1人で営業をまわすしかありませんでした。

人手不足がブラックを招いたというのが、そもそものはじまりでした。
それに拍車をかけたのは、エリアを管轄する上司です。
「募集しても集まらないなら広告費が無駄じゃないか?」「今の人数でまわせてるじゃないか」「働けるならどんどん出て働け」という内容をストレートではなく回りくどく言われ、月の1日休みは1日あるか無いかが当たり前でした。

その結果私は体を崩し、胃を悪くしたのですが、上司は「人手がいないからさっさと出てこい」と電話で冷たく言い放ち、そこでようやく自分の身の危険を感じ、その後しばらくして辞めることにしました。

自分が拒否しなかったのもいけませんが、上司を含めあの環境は思い出すのも嫌なものでしかありません。
収入は減りましたが、転職して後悔はありません。
ちなみに今の職場はブラック企業とは無縁のホワイト企業です。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)