運送会社Sのブラックな実態

表向き、爽やかなスポーツマンタイプのイケメンが多いと思われている運送業Sは、職業柄、体育会系の人たちの集まりです。

そのせいかどうかは分かりませんが、セクハラ・パワハラは当たり前です。PDT(荷物のバーコードを読み取る機械)で殴り、
人前(お客さんの前でも)で怒鳴ったり、けなしたりします。女子社員に対しては、セクハラも日常茶飯事です。
業務中にボディタッチなどはさすがにしませんが、セクハラ発言が挨拶代わりです。飲み会に行けば、キスの強要などもありました。

勤務時間も、きちんと○時~○時と規定がありますが、表面だけで、一日の残業が数時間というのも当たり前でした。
月の残業時間も規定があるので、超えそうなときは、先にタイムカードを切って、夜遅くまで作業をしていました。
8月や12月などの繁忙期ですら、臨時バイトなどを雇わず、既存の社員たちに無理をさせ、問題があったら、会社ではなく、
個人に反省文を書かせていました。

また、「なんでも相談室」みたいな窓口があったのですが、ここに電話しようものなら、匿名は利かず、店舗名・名前を聞かれ、
その店舗の店長に連絡し、いやみや嫌がらせなどで、自主解雇に追い込みます。

某店舗では、上司のパワハラで退職を試みた人は、やめさせてもらえず、退職届けは破棄されたため、
自殺に追い込まれた人がいました。

私も辞めて数年経つため、上記の内容が、改善していることを願っています。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)