パワハラ、セクハラに負けずに4年間も頑張った!

私は結婚前にアパレルメーカーAでデザイナー兼営業補佐の仕事をしていました。

入社当時、私は25歳で未経験で憧れていた職種に付けて頑張ろうと希望に満ち溢れていました。しかし入社してみて分かったのが今でいうブラック企業だったということです。

しかも私の上司はパワハラがひどく社内での評判が最も悪い人だったのです。面接の時には全く気付かなったのですが仕事をするうちに違和感に気付きました。

上司は自分の仕事が終わるまで帰らせてくれないので毎日終電に近い帰宅でした。また自分の機嫌が悪い時など気に入らない事があると1時間もの長い間くどくど説教をして、どなり散らすという始末です。

こんな最悪の上司に他の誰も注意できずにいました。
会社全体を見てもおかしな会社でした。サービス残業当たり前、サービス休日出勤当たり前、有給は取れないのは当たり前、終電での帰宅は当たり前という風潮があり、だれも文句を言う人はいませんでした。

また男性社員のセクハラは本当にひどいものでした。デザイナーは若い子が多かったので毎日のように言葉のセクハラを受けていました。男性社員はコミュニケーションだと勘違いしていたので本当に最悪でした。

私はここで4年間仕事をしました。体調を崩してしまうこともありましたがこの会社でとにかく経験を積んで次に生かそうと思ったのです。そのおかげで転職時は経験者として扱ってもらうことができ自分のステップアップにつなげる事が出来ました。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)