サービス業のYと製造のH ブラック企業体験談

私が働いていた企業の中でブラックだと思ったのは2企業ありました。サービス業のYと製造のHです。
どちらもパワハラが酷く、薬を飲みながら働いていました。
片方のサービス業は、ノルマが厳しい会社でした。インカムと呼ばれるトランシーバー状のものにイヤホンをつけて接客をしていましたが、接客中でも上司からの苦言が途切れなく響き続けていました。必ず売れ、逃すな。100歩譲ってそこまでなら分かるのですが、考えながら接客をしていてもずっと売上の目標を読み上げ続けて、確認の返事を強要する。

お客様のための接客にも身が入らず、混乱して商品の説明ができないことも多かったです。
もう一つは気分によって恫喝される上司のいた企業でした。

毎日機嫌を損ねないようにビクビクしながらお伺いを立て、少しでも機嫌を損ねれば怒鳴られ続けます。

上司は私生活によって毎日機嫌が変わり、少しでも接し方を間違えれば初めての作業の指示でも、まともに受けられません。

それでも工夫して作業をしていますが、人によって作業のOKライン、NGラインが変わります。気に入らないと人格を否定するような罵詈雑言を浴びせられました。
どちらの会社でも途中から精神的に参ってしまい、体を壊して退職しました。

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)