帰宅できない日々が続く労働環境

今私が勤めている会社はブラック企業です。

だれがみてもブラックに見えると思います。
システム開発会社に勤めています。

1週間のうちに帰宅できるきるのは1日あるかないかの状況でした。
仕事が終わるのが夜中の2時や3時。終電は必ず逃していました。かといってタクシーを使って帰宅するにはあまりにもお金がかかりすぎるので使うことはできません。
もちろんビジネスホテルなども毎日のように使っていては給料がなくなってしまいます。
結局会社に止まることになってしまいます。

特に宿泊施設を備えている訳でもないので、椅子にかけて机にもたれかかる姿勢です。
まったく疲れがとれないです。

しかしまだこうやって休めるのは幸せな方です。繁忙期は徹夜続きです。
眠ることさえできません。2日や3日の徹夜は当たりまえでした。

ろくに睡眠をとっていないので作業効率が落ちるのですが上司はおかまいなしに仕事を与え続けます。

おそらくかなり安い価格で仕事を受注してくるからこういった状況に陥ってしますのだろうと察しがつきます。
もちろんうちのような下請けを主に仕事としている企業は競争力がなく価格を下げてしか仕事を受注できないことも重々承知しています。
他の企業と差別化をはかれるような技術をつけなければなりません。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)