「ブラックだった運輸会社」

運輸会社Kに勤めていたとき、ブラックな職場を体験しました。
社長や上司の方にはそれなりに親切にしていただきましたが、とてもこれから先、ここで働いていくことができないと感じ、私は既に転職してしまいました。

まずボーナスや残業代は出ません。これはブラック企業の常識(?)ですが、この企業の場合、交通費も5,000円の固定でした。

私の場合、電車の定期代だけで10,000円以上かかってしまうため、電車に降りてからバスには乗ると大幅に損なので、徒歩で会社に向かっていました。

私はその会社で事務として働き始めましたが、途中で倉庫内作業にまわされ、そちらの作業をすることになりました。

しかし事務員が足りなくなってきたのか、倉庫内作業をしながら事務員をやり始めました。
単純に仕事の量が増えたため、精神的にかなりしんどい時期があり、追い詰められてきました。

それでも何とか仕事をしていましたが、決定的だったのは、歳の近い上司を見た時です。
わりと年齢が近いことから特に親切にしていただいていたのですが、その方が「出世しても責任を負うだけで給料にも期待できない」とぼやいておられ、将来に対する期待が全くできませんでした。

ある日、勤務時間の件で会社が問題になった際、その方が責任を押し付けられていた瞬間をみたとき、この会社を辞める決心がつきました。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)